着物シンドローム

高く売れる着物とは

着物を買取業者に売る際には高値を期待するものですが、着物の質や素材、保存状態によってはなかなか思い通りの価格で売ることができないことがあります。
そもそも高く売ることができる着物は、保存状態が良くなければなりません。保存状態が悪いものは、買取を引き受けてくれない場合もあるほどです。次に制作した作家や、産地、そして流行のデザインであるかどうか、生地の質などが挙げられます。
作家ですが、着物を制作する作家の中には国の無形重要文化財に登録されている人もいるほどで、こうした人が制作したものには当然、高値が付されますし、有名な老舗の呉服屋の仕立物などでも同様です。
産地によっても査定は変わるのですが、いくら有名な産地で生産されたものであろうと、流行から外れた色やデザインであれば、査定額が下がることもあります。
近年、ウールや化学繊維で制作されている着物が登場していますが、こうした着物に高値がつくことは珍しく、正絹のものに高額査定がつきます。