着物シンドローム

リサイクルで着物をより身近に

着物といえば日本の伝統衣装であり、結婚式や成人式などの特別な場で着られる正装でもあります。とはいえ高価格でなかなか手を伸ばせないという方も多く、身近な衣装とは言い難いのが現実です。
しかしリサイクル着物の登場で、着物は身近な衣装へとなりつつあります。リサイクル着物は一度、着られたものを業者が引き取り、再び着ることができるようにクリーニングや補修を行なったものであるために、当然、新品よりも安くなっています。
また、中には業者が手を加えることによって独自のアレンジがされていたり、着る人のためにサイズを直したり、趣味嗜好に合わせてオリジナルの要素を組み込んでくれるところもあるので、単にリサイクル着物を販売しているのみのサービスに留まりません。
お店を構えているところもありますし、インターネット販売を行なっているところもあるので、着物というだけで敷居を高く感じてしまう方でも気軽に購入することができるのです。