着物シンドローム

結婚式にふさわしい着物とは

結婚式に招待された場合、着物で参列すると場が華やぎます。けれど、結婚式にふさわしい着物は、それぞれの立場によってことなりますから、あらかじめ知識を得ておくことが大切です。
もしも未婚ならば振袖が最適ですが、その理由は、未婚女性にとって、第一礼装として挙げられているからです。豪華な柄や長い袖など、結婚式を明るく盛り上げる着物として認識されています。
また、既婚女性の場合、新郎新婦の身内か、そうでないかによって、着物の種類が異なります。身内ならば、ふさわしい装いは黒留です。紋付きで格式が高く、既婚女性の第一礼装です。紋付きならば、色留も格式が高い礼装であり、結婚式に参列できます。
さらに、新郎新婦の身内ではない場合、訪問着を選択すべきですが、花嫁衣装を連想させるような、白っぽい色は選ばないようにすることが大事です。
尚、小紋はカジュアルな場に適している着物ですから、結婚式で着用することは避けるようにしましょう。